まるごと泌尿器科【3分の1の女性が症状を実感している尿漏れ】

男性女性

尿の悩みを相談する

医者と看護師

埼玉の泌尿器科では、クリニックに通いやすいようにプライバシーを配慮した作りになっている所も多いです。また、治療も服薬治療が中心になるので、痛みなども感じずに不快な症状を改善することができます。

詳細を確認する

若い人にも多い

女性

誰にでも起こりうる

尿失禁、いわゆる尿漏れは原因はともかくとして、男性にも女性にも起こりうる症状です。男性の場合は、前立腺肥大など、男性特有の病気が原因で起こることも多いのでしょう。一般には過活動膀胱が原因のことが多く、加齢に伴って、高齢になればなるほど、頻尿の人も含めるとほぼ誰にでも見られるようになる症状のようです。一方、女性の場合は、原因も起こる年齢も様々で、割と若いうちから尿漏れに悩み泌尿器科へ相談しに行く患者が増えています。

女性の尿漏れ

近年は、母親を介護する年代の女性ボーカリストが、尿漏れ対策のパッドのコマーシャルに出ていたり、スーパーなどでも尿漏れ対策パッドが生理用品のコーナーで売られていたりして、尿漏れ対策が女性の中にも広く認知され、脚光をあびるようになってきているといえます。女性の尿漏れはコマーシャルの影響もあってか、50代・60代以降にしかおこらない症状だと勘違いする人も多いかもしれませんが、実は40代に差し掛かれば3分の1の女性が症状を実感しているというアンケート結果が見られるだけでなく、若年層ともいえる20代においても、100人中数名は尿漏れに悩まされているというデータがあります。女性の尿漏れは、年齢を問わず一般化された普遍的な問題だともいえます。これだけ多くの対策グッズが販売されているのにも納得です。尿漏れは、場所を問わずシーンを問わず、一人でいようが人前だろうが、ひょっとした瞬間に意思とは反して起こってしまうもの。気を付けようがないのです。ニオイも気になりますよね。だけど、そんなことも今では、たくさんの対策グッズもあるので、一人でウジウジと悩まなくてもよくなったのです。
また、本格的に治療を進めたい場合は泌尿器科へ行くのがいいでしょう。泌尿器科では尿漏れが起こる原因からそれぞれにあった対策を行なってくれるので有効な治療が受けられます。

重い症状から気軽なものまで

病院

新宿の泌尿器科では、がんの治療など高度な治療から、日常的にできる尿漏れの対策など気軽な相談も受け付けています。気軽に投薬治療で治るものや、簡単な手術で終わることも多いので早めに相談してみましょう。

詳細を確認する

症状から病院を選ぶ

案内

埼玉には、多くの泌尿器科があります。中にはがんの治療に特化しているという所もあれば、尿失禁の対応の実績が多いという所もあります。症状に合わせて病院を選んでいくことが大切です。

詳細を確認する